静岡旅行

新幹線を利用する旅行ツアーで静岡に行くプランが旅行会社から提供されています。広域な地域にある静岡は、浜松を中心とする西部、マグロの良港で有名な焼津市を中心とする中部、観光名所の富士山がある東部と温泉の熱海市がある伊豆に分類することができます。これらの地域ごとに新幹線を利用した旅行ツアープランがあります。

静岡
静岡は、富士山をはじめとする多くの観光名所があるので、新幹線を利用した旅行ツアーが多く利用することができます。そのため静岡県内では他の地域と異なり東海道新幹線の停車駅が多くあります。現在の静岡は、駿河国、遠江国と伊豆国の3つの国からなる県です。そのため広大な地域にあり富士山や熱海などの多くの観光名所を保有しています。伊豆国は、源頼朝が流された国で駿府国や遠江国は室町時代には今川氏が戦国時代になると徳川家康が長く支配していた地域となります。その後駿府国には徳川家康の隠居の城がある駿府城があります。静岡県の3つの国は江戸時代になると東海道の宿場町として53の宿場町の内22の宿場が静岡県内にあります。静岡は江戸時代に新田開発が行われて収穫が増大しますが、この時にお茶や椎茸、山葵の特産物の生産が行われるようになります。

静岡の特徴
静岡は、日本の新幹線の停車駅がある地域でも多くの停車駅があるのが静岡です。東海道新幹線の、のぞみが停車する駅はありませんが各駅停車のこだまは、熱海駅、三島駅、新富士駅、静岡駅、掛川駅、浜松駅に停車します。このため新幹線を利用した旅行ツアープランでは静岡のいろんな地域に行くことができます。特に温泉で有名な熱海にはこの熱海駅を利用して東京方面から多くの観光客が訪れることになります。

静岡へのアクセス 静岡は、国道1号線と東名高速道路を利用できますが、東海道新幹線が静岡を通っており多くの停車駅があるため、新幹線を利用した旅行ツアープランでも気軽に利用することができます。また観光地として有名な熱海や富士山に出かけるにも新幹線の停車駅である熱海駅や新富士駅を利用することができます。静岡の名産であるお茶やウナギそして山葵なども各地域で人気のあるお土産として購入することができます。

静岡は、太平洋に面して広い面積のある県で浜松地域と静岡地域に分けることができ、この両方の地域に新幹線の停車駅があるため、浜松駅から南信地方、静岡地域の各停車駅から富士山や熱海などの観光名所に移動することが可能となります。